不安は感じなくていい!
0からでもいつか活躍できる!

2014年 新卒入社

小俣 悠
開発部 主任

「想像より広い選択肢、入社してよかったと思いました」

出身大学は東京電機大学で、就活の時期に様々な会社が合同で行う面接練習会のようなもので弊社を知りました。その後、他にも何社か面接を受けましたが、1番自分の性格に合っている印象を受けたのが弊社でした。
基本的には受けた印象通りでしたが、想像よりもずっと様々なプロジェクトがあり、その中で製造・試験・保守・自社開発などもあって、選択肢の多さにとても驚きました。最低限の知識は大学で学んでいましたが、現場で使える知識ではありませんでしたので、研修や当時の上司、先輩方に教えてもらいながら慣れていきました。

「危機管理意識を持ちながら責任ある仕事をすることで成長へ」

入社し、2か月ほどテスターとして配属され、そのプロジェクトが終わった後に4年程開発の現場へ、2017年に異動して現在携わっている公共システムの運用設計や製造を行いました。運用開始にあたり、保守運用を担当することになり、現在に至ります。
関わる人が多く、社会性が大きいシステムですので、ちょっとしたミスや不安点が思わぬところで大きな障害になってしまいます。危機管理を行いながら作業を行うというのは他の現場より特に成長に繋がると感じています。単純な製造と比べると、電話対応やお客様との打ち合わせで相手に理解していただく必要がありますので、コミュニケーション能力が求められる仕事です。
今後の展望としては、今のプロジェクトが大きくなってきており、それに伴い人手も必要なタイミングになってきていますので、私含めチームで現場のプロパー等に評価されて「人材を蓼科から入れましょうか」とさらに拡大して会社に貢献したいと考えています。今年から主任になり、そういった面も求められていると思いますので、会社全体の売上も意識して貢献していきます。

「選択肢の多さはそれだけ活躍できる場があるということ」

蓼科情報はやっている事が幅広く、希望すればいろいろな選択肢があります。文系で知識が全くないスタートだった人でも、活躍している人は沢山います。コミュニケーションに自信はあるけど知識・技術力に不安がある、という人も少なくないと思いますが、選択肢の広さはそれだけ活躍できる場があるということですので、心配することはありません。
また、社員同士の交流を深める機会も沢山あります。特に部活動はサバゲ部、写真部、釣り部など多趣味な部が沢山あり、現場で関わらない人とも交流できるので会社になじみやすいと思います。
良い意味でおせっかいな人が多い、温かい会社です!社会で活躍できる人材を目指して一緒に頑張りましょう!